pak88_onakadetabu15162327_tp_v

 

内臓型肥満の体型で、高血圧か高血糖か高脂血症のどれか2種類に当てはまると、メタボリックシンドローム、略してメタボと呼ばれる状態になります。内臓脂肪症候群や、インスリン抵抗症候群といった症状を、わかりやすくまとめた考え方となります。

 

世界保健機関のメタボ基準はありますが、日本で使われているものは、それとは別の日本の基準です。内臓脂肪の蓄積による肥満が、高血糖や高血圧などに共通して関係していることから、腹部肥満に対しては注意が呼びかけられています。

 

高血糖や高血圧は単独でも動脈硬化性疾患のリスクがあり、重積状態の方はより早期に対策をしなければさらに重い病気になってしまう可能性があります。重篤な病気になってしまうリスクを事前に把握しようという試みにから、メタボの診断基準が考えらたのです。

 

最近は、必ずしも太っているとは言い切れないような人でも内臓型肥満になっていたり、メタボだと診断されることもあります。内臓型肥満はメタボ診断の根拠の1つになりますが、この他には、空腹時血糖や、中性脂肪を計ることも必要とされています。メタボリックシンドロームでは、腹囲が男性85センチ以上、女性は腹囲90センチ以上あることが前提となります。

 

腹囲測定は広く認知されており、体重が重くて、太っていることがメタボというイメージの方も多いですが、診断を受けた方の中には体重が正常の方もいます。メタボと診断された場合には、心筋梗塞や脳卒中になる可能性が高い状態なので、1日でも早く改善することが必要です。

 

動脈硬化の発生を予防するための脂肪蓄積の進行防止や解消を目的として、摂取カロリーを適正化する食事療法や脂肪燃焼のための運動療法を行うことをおすすめします。

 

体重を減らしてメタボを改善するには

メタボリックシンドロームになる要因は人それぞれですが、内蔵脂肪が蓄積されることが主な理由といえます。栄養の取りすぎや運動不足によって、内臓脂肪は蓄積されるので、まずは食事内容の見直しと運度不足の解消が必要です。

 

食事と運動に気を配りながら、毎日の生活習慣を少しずつ変えることができれば、内臓脂肪を減らすことができます。メタボリックシンドロームは自覚症状がないので、診断を下された場合でも、思い切った生活の見直しに踏み切れない人もいます。一切の対策を立てずにそのままにしておくと、どんどん動脈硬化リスクが高くなって、脳梗塞や、心筋梗塞なとのトラブルが起きやすくなります。

 

健康的な生活を送ることや、運動の習慣をつけることが、メタボ改善策としては重要です。皮下脂肪より、内臓脂肪のほうが運動によって消費されやすいですが、増加しやすいというネックも存在しています。

 

内臓脂肪を減らすには、運動によるエネルギー消費と食生活の見直しによるエネルギー抑制の両方を実行していくと良いでしょう。ウオーキングや軽いジョギングなど有酸素運動を毎日の生活に取り入れることで、筋肉量が増えて代謝が上がるため脂肪が燃焼されて体重が減ってきます。

 

食事内容を改善する場合は、一日三回の食事をバランスよくとることです。野菜や、果物、海草類や、キノコ類を意識して摂取するようにしましょう。おなかいっぱいになるまで食べてしまうと、カロリーが使い切れなくなりますので、適量が大事です。規則正しい時間の食事や睡眠を心がけることや、体を動かし脂肪を燃やすことが、メタボ解消の鍵を握ります。