金融会社からお金を借りて、返済ができなくなったり遅らせたことがあると、ブラックと見なされます。金融ブラックの人は、貸したお金を返済できなかったことがあるので、その分の信用を失ってしまっています。

 

一旦金融ブラックに名前が入ると、個人の信用情報にそのことが記載されますので、以後の審査を通過しづらくなってしまいます。新たに融資を受けたくても、信用情報会社に記録があるうちは、借り入れは難しいといえます。

 

信用情報会社にブラックの記録が残っていれば、申込みから審査までを即日で済ませてくれるような金融会社からも、断られてしまうことがあります。ブラックな人でも、スピード融資をしているという広告を出しているような金融会社もありますが、そんな業者は営業が成り立っているのかと思いたくもなります。

 

現実問題として、ブラックに名前が入ってしまえば、申込みから審査まではどうしても時間がかかってしまうものといえます。具体的な審査基準は、キャッシング会社がそれぞれ独自に決めています。ですから、ブラック入りしてても、融資をするという会社もあるかもしれません。

 

ですが、過去に延滞や破産をしたことがある人が、この先、借りたお金をきちんと返済できるかは疑わしいものです。融資をしても、返済ができない顧客とは、金融会社から見れば儲けがないどころか損害要因です。損になる可能性があるのを理解していながら融資をする場合、損を分散させるための方策が含まれていることが多いでしょう。

 

法律に抵触するくらいに金利をつり上げたり、脅しまがいのことをして返済を迫るといった金融会社でなければ、ブラックに融資を行ったりはしません。

クレジットカードはブラックでも作れるのか

 

過去に返済トラブルを起こしてしまって、ブラックとして信用情報機関に登録されている人は、クレジットカードを作れるのでしょうか。結論から言うと、クレジットカードはブラックの人でも作れる場合があります。

 

クレジットカードの審査を通過できるかどうかは、信用情報会社にブラック情報が載ることになった経緯によっても異なります。自己破産や、個人再生手続きをしていたという人は、5年以内は審査は通りません。銀行の場合は、融資の審査に通るようになるには、少なくとも10年間は必要であると言われています。

 

もしも任意整理をしたい場合は、裁判所の手続きを経ずに、弁護士と、金融機関とのやり取りで処理ができます。手続きの内容は公表されるものでは無いので、信用情報機関によっては、記録が残らないことがあります。信用情報機関に記録が残っていなければ、クレジットカード会社によっては、申込み時の審査に通る可能性もあります。

 

ブラック入りした状態でクレジットカードの申込みをした時には、会社側がその情報をどう捉えるかで、審査の結果は異なります。キャッシングの延滞を3カ月以上滞らせた時に、信用情報会社の情報が1年でなくなる場合と、5年間が記録が残ることもあり、一概には言えません。

 

ブラックとしての情報を取り扱う方法は、信用情報機関によって差があるのが現状です。クレジットカード会社の中には、ブラックになって1年がたてば問題なしと判断することもありますが、7年は新規発行しない金融会社もあり、何が一般的かは言い切れません。