gatag-00005914

 

クレジットカードの還元率には会社によって差があるので、マイルをたくさん貯めるには利用方法を考えなければなりません。効率的にマイルを貯めることができるクレジットカードを探すために、カードを使った時にマイルが貯まる割合について確認しておきましょう。

 

ポイントの仕組みはクレジットカード会社によって異なるので、カード利用金額に対していったいいくら分のお金になるのか計算することで比較ができます。クレジットカードを選ぶ時には、ポイントの還元率と、ポイントをマイルにする時の割合をチェックしてみることです。

 

還元率とは、クレジットカードで支払いをした時に、どのくらいのポイントがつくかというものです。最近は、0.5%の還元率でポイントが入るクレジットカードが一般的です。例えばショッピング1000円分につき1ポイントが付与され、その1ポイントは5円分のお金銭価値を持つような場合がこれに該当します。

 

たまったポイントは、カード会社が用意している様々なサービスや商品と交換ができます。ギフトカードと交換すると金銭的価値が明確です。通常は問題ないのですが、航空会社のマイルに交換する場合は、このような分かりやすい仕組みになっていません。

 

金銭的価値とマイルとは、単純に対応させることができません。マイルの使い方によって、お金に換えた時の価値が異なってくるためです。便宜上、1マイルを1円として考えて換金率を算出することはできますが、あくまで目安の一つといえるでしょう。

 

クレジットカードの換金率を0.5%にそろえて考える時には、クレジットカードを使った時に入るマイルはを5マイル=1円という前提で考えることができます。

 

 

クレジットカードの還元率の計算方法は

様々なサービスがクレジットカードにはついていますが、中でも人気はポイント制度です。どのクレジットカードのポイントがお得なのかを知りたいという人は多いですが、ポイントの金銭換算方法や、交換できる景品の内容は多種多様です。ポイントサービスは何となく利用しているけれども、現時点の貯まり具合を意識していない人もいます。

 

お金として価値のあるポイントを利用しないのは、非常にもったいないことです。クレジットカードのポイント還元は、随分とお得になるので、上手に活用していただきたいものです。ポイントを仮にお金の価値に換算したとして、クレジットカードの利用額に対してどれくらいのポイント価値が付与されるのかを、還元率と呼びます。

 

大づかみな表現だと理解がしづらいという人は、数字に直してクレジットカードの還元率を計算しましょう。カードで1000円の決済をすると、1ポイントもらえるクレジットカードがあるとします。この情報だけでは、還元率はわかりません。1ポイントがいくらに相当するかがわからないためです。1ポイントの価値がいくらのお金に相当するかによって、最終的な還元率が決まってくるからです。

 

100ポイント貯めれば500円分の商品券と交換できる場合には、1ポイントは5円相当の価値があると分かります。1000円の買い物をして1ポイントが付いて5円相当となるので、このクレジットカード0.5%の還元率であると計算できます。

 

クレジットカードは還元率で選択してみる

クレジットカードの中には、カード利用額に対する一定の還元率で、ポイントがたまるというものがあります。カードを使ってポイントがためたら、そのポイントで景品をもらったり、マイルに変えたり、金券と交換したりできます。

 

近年では、クレジットカードを使ってある程度ポイントをためた上で、カードの支払いにあてたり、他社のポイントと交換したりもします。還元率が高いほど付与されるポイントも多くなるので、上手に利用すると大変お得になります。還元率が高いクレジットカードにターゲットを絞り、積極的にカードを使っている人もいます。

 

クレジットカードは、顧客の層や、カードの利用頻度によって、一般、ゴールド、プラチナ、ブラックに別れています。過半数の顧客は、ポイント還元率が0.5%~2%という、コツコツため続けるタイプのカードを使っています。

 

一般のクレジットカードよりずっと還元率が高く、3%~6%のブラックカードもあります。クレジットカードのブラックは、年会費が5~10万円くらい請求されます。一報、多くの人が使うクレジットカードには年会費がかかりません。クレジットカードをたくさん利用して多くのポイントを還元しないと、高い年会費の分だけのメリットを受けることは出来ません。

 

カードをよく使い、ポイントのたまるペースが速く、色々なポイントサービスを使う人でなければ、わざわざ年会費を払ってまでいいカードを持つことはありません。ポイントの還元率や、たまったポイントの使い道はクレジットカード会社によって差がありますので、どのカードのポイントなら使いやすいかも考慮に入れてカードを選ぶといいでしょう。