debt_img03

 

自己破産をしたことがある人が、新しくキャッシングで融資を受けられるでしょうか。かつて、借りたお金の返済が滞って、自己破産の申請をしたことがある人が、また新しくローンを利用したいということがあります。融資の申込みをする前に、自己破産の影響について知りたいという人もいるでしょう。

 

自己破産しているからといって全く不可能ではありませんが、融資を受けるには条件があります。自己破産した後の5年間は、ブラック登録されているので、その間の借入れはかなり難しいと考えなければなりません。普通の金融機関は5年を基準にしていますが、銀行は10年が基準であることに注意をしましょう。

 

銀行からの融資が受けられるのは、自己破産してから10年以上が経過してからです。また、自己破産の申請をした時に利用していた金融機関は、自己破産歴のある顧客を社内ブラックとして記録に残していますので、何年たっても審査では厳しく判断されてしまうでしょう。

 

金融会社の中には、年数に関係なく、自己破産をしたことがある人には融資をしないこともあります。過去に利用したことの無い銀行や、消費者金融会社を利用する方が無難です。

 

収入がなければブラックの記録が消えていたとしても、融資は不可能ですので気をつけましょう。自己破産と融資の関係は、明確な決まりがあるわけではなく、判断の仕方も金融機関ごとにまちまちなので、一概に無理とはいえません。

 

自己破産をしていても融資の審査は通るのか

 

新規のキャッシングを組む時に、かつて自己破産をしたことが、どのように影響するのかと心配になっている人がいます。自己破産をしたことがあると、ブラックリストに名前を連ねることになるので、新規の融資は絶対無理だと思い込んでいる人もいます。

 

実のところ、自己破産をしたことはあっても、新しく融資を受けることができたという方は結構たくさんいます。自己破産をしている人でも条件を満たせば、融資を受けて、お金を借りることは可能なのです。

 

まず最初に自分自身の信用情報について、調べることが必要になってきます。自己破産の手続きをして免責が認められてから、少なくとも5年間は経過しているかという点が審査の中で重要な点です。

 

信用情報会社の個人信用情報は、自己破産の情報は、直近5年以内のみ書かれています。もしも、債務整理の関係上自己破産をしたことがある人は、自己破産情報が消えるまでの5年間は新規の融資は困難です。自己破産によって貸し倒れを起こした金融機関を再度利用することは、諦めるべきでしょう。

 

過去にお金を借りたことのある金融業者は難しいと考えられるので、それ以外の業者を選ぶ必要があります。ブラックとして登録されている5年間が過ぎて、信用情報が回復した状態であれば、破産時に対象となっていた金融業者を外して、融資先を探すとよいでしょう。

 

融資をする金融業者は今後の返済をしっかりとしてくれるかどうかを見ますので、自己破産してから5年以上たち、信用情報が回復して現在の収入に見合った借入であれば審査は通るものと考えれれます。

 

自己破産後に融資を受ける方法について

 

自己破産をすることで、信用情報には事故情報が書き加えられることになります。信用情報は、借り入れの審査をする際に重要になってくるもので、そこに事故情報が記載されていれば、審査落ちの原因となってしまいます。その為、自己破産をしてしまうと、新たに借入がしにくい状態になってしまいます。

 

ただし、信用情報会社に記録されている事故情報は、5年くらいで消えるので、その後は普通の人と同じ条件になります。事故情報が残っているかを確認したければ、信用情報機関に自分の信用情報の照会を求めてみるといいでしょう。もしも、信用情報会社から情報を見せてもらった時に、自己破産の過去が書かれていなければ、審査の通りやすくなります。

 

自己破産をしたことがある人が、新規の融資を受けたいという場合は、自己破産をしてから5年間は融資を受けずに過ごします。世の中には自己破産をした人でも利用可能と宣伝をしている金融業者もあります。

 

どうしてもお金が必要な時、そうした金融業者は魅力的に感じてしまう事になりますが、問題があっても融資をしてくれる業者の殆どは闇金です。もしも、ヤミ金融からお金を借りることが可能だったとしても、それがきっかけで問題が発生することもありますので、できるだけ利用しないように努めましょう。

 

もしも、自己破産をしたことがあるけれどもキャッシングを利用したいと思っているなら、5年は待つことです。5年待てば、自己破産をしたことがあるという情報自体がなくなりますので、一般の人と同様にキャッシングやローンが使えるようになるでしょう。