free-credit-card-icons-13

不足の自体で手持ちの現金が不足している場合でも、クレジットカードが一枚あれば、その場を切り抜けることは可能です。最近のクレジットカードはキャッシングにも使えますので、限度額の範囲までなら繰り返しお金を借りることもできるようになっています。

 

とはいえ、クレジットカードのキャッシング枠は、消費者金融会社のローンと比較すると金利が高く、大体18%程度です。あらかじめ、どのくらいの金利で融資をしている金融会社なのかを知ることで、お得な借り方ができるようになります。大抵のカードローンは、金利が高めに設定されているかわりに、使途自由であり、担保や保証人を必要としていません。

 

ローンはローンでも、住宅ローンは担保として土地や建物を充当しなければなりませんが、金利は低く1~3%です。また、銀行のカードローンは、金利14~15%で貸し付けをしています。一方、クレジットカードの金利は年率18%くらいであり、高い金利での借り入れをすることになります。

 

手軽に融資が受けられるのでクレジットカードはありがたい存在ですが、繰り返し使っていると利息の金額が高額になります。ショッピングのクレジットカードを利用した際、一括払いにすれば利息は0円で済みますが、分割払いにした瞬間、カード会社が利息を請求してきます。

 

どのクレジットカードを使うかで、返済手段が終わったり、返済回数や上限金額が異なっていますので、あらかじめ下調べは済ませておきましょう。クレジットカードのローン機能は使いやすいので、うっかり借りすぎてしまう場合がありますので、要注意です。

 

クレジットカード決済によるローンの返済の仕方

手持ちのお金が足りない時でも、クレジットカードを使えば、ネットショップでの買い物や、お店での決済が自在にできます。クレジットカードで買い物をしたら、後日その分の支払いをしなければいけませんが、支払い方法も選択できる分、非常に便利だといえるでしょう。

 

カードを使うと、クレジットカードで支払った分のお金をその場ではカード会社が払っておいてくれるため、後での支払先はカード会社です。一括払いか、分割払いか、リボ払いかを選ぶことができますし、分割払いの時には支払い回数を指定することができます。

 

リボ払いで気をつけるべき事は、利息が発生する事であり、分割回数が多いほど最終的な返済総額が高くなってしまいます。金利が高めに設定されていれば、利息を減らすために返済回数を少なくするなり、リボ払いの上限額を高くする等の手続きが必要です。

 

ポイント特典が付与されているクレジットカードでは、カードを使えば使うほど、お得なポイントやマイルがたまっていきます。クレジットカードを選ぶ時には、特典の内容もチェックするといいでしょう。クレジットカードの中には、高いポイントが期待できるために、年会費分や、利息分を取り戻せてしまうということも少なくないようです。

 

クレジットカードでリボ払いを選択した場合、残高スライド制であることが多いため、残りの返済額に基づいて、月々の返済金額が設定されています。クレジットカードで決済が出来るのは、ショッピング利用可能枠の限度額までですので注意をして利用するようにしなければなりません。

 

付帯サービスの内容や、年会費の有無など、クレジットカードを選ぶ時の着眼点は色々です。自分の使い方と相性のいいものを選択してください。

 

クレジットカードのカードローン審査について

クレジットカードには、キャッシング機能が付帯しているものがあり、カードローンとしてクレジットカードを使うことが可能です。ショッピング枠についてもそうですが、キャッシング枠については審査があり、その結果によってはローンが認められないこともあります。

 

また、キャッシングの審査を無事に通っていたとしても、利用限度額が希望額より減額されていることがあります。クレジットカードのキャッシング枠とは、どういった審査によって基準が定められているのじょう。クレジットカード会社によって差はありますが、審査が行われる際にはいくつかのポイントがあります。

 

別のローン会社からお金の借り入れが可能な状態になっているかが調べられます。別の金融会社のローンを借りており、返済途中であるという人は、審査を突破しづらくなります。なお、ここでいう借り入れとは、いわゆるローン会社などだけであり、銀行からの借り入れは含みません。

 

住宅ローンの返済途中で、銀行から数千万円の借り入れをしていたという人でも、ローンの審査には直接影響はありませんので、心配はいりません。クレジットカードの審査で重視されるポイントとして、過去の返済実績があります。他社のローンでも、返済を長期にわたって滞らせたことがある人は信用情報会社に記録が残っていますので、要注意です。

 

この返済とはいわゆるローンだけでなく、クレジットカードのショッピングでの引き落としができなかったようなケースも含まれますから注意が必要です。クレジットカードで買い物をして、後になって支払いができなくなったというのは恥ずかしいことですので、返済が滞らないように気をつけましょう。