融資を行っている金融業者には消費者金融やクレジットカードなどの信販系、銀行などがあります。銀行は低金利のキャッシングを行っていることが多いので、金利を重視するなら銀行系が優先されるでしょう。

 

信販会社や、消費者金融会社は審査の基準が緩めなので融資を受けやすいですが、その分、返済不能リスクを見越して金利が高めです。そのため、上限金利を法律で認められている範囲の最大のものを適用することで、貸し倒れによる損失の備えとしています。

 

銀行は審査を厳しくして貸し倒れのリスクを下げているため、低金利を実現できます。とはいえ、融資の条件には色々なものがありますので、低収入でも融資可能なキャッシングは、銀行でも高金利です。融資の限度額と金利の関係も見逃せない点なので、融資を受ける際にはしっかり確認しておきましょう。

 

まとまった金額を借りたいという場合は、消費者金融会社でも借り入れができることもありますが、法律で貸し付け上限金額に制限が設けられていますので、それ以上にはなりません。利用限度額が高くなると金利が低くなる傾向がありますが、限度額が一定額以上上がらなければ金利はそのままです。

 

銀行であれば総量規制の対象外であるため、年収の3分の1を超える限度額を適用でき、金利を下げやすくなっています。このことから、低金利で融資を受けたい場合は、銀行から検討するのが適しています。

 

以前は、銀行のキャッシングは審査の結果待ちの期間が長くなると言われていましたが、最近では即日融資に対応している銀行もあります。