pak7410i9a4767_tp_v

 

食欲を抑制するダイエットすることが出来る驚きの3つの方法があるので順番に紹介していきます。

 

ツボを押して食欲を抑制する

健康増進のためや、きれいな見た目になるために、ダイエットを頑張ったことがあるという人はたくさんいます。食べ過ぎをやめ、体を動かせばいいと頭ではわかっていても、いざその場になるとやる気がわいてこないことはよくあります。

 

空腹は、人間にとってとてもつらいものですから、最初のころはよくても、イライラしがちになることもあります。体重が減るまで食事を減らし続けることができるように、食欲を弱める効果があるというツボを押して、食べたい気持ちを減らしましょう。耳には、食欲を抑制する飢点というツボが存在します。

 

食べ過ぎに効果があるという飢点は右耳と左耳にそれぞれ1つずつあります。耳の穴の前側で、ちょっと膨らんだところの下側にあります。ツボと思しき部分を押してみたり、叩いたり、挟んだりすることで、効果が発揮されます。脈のテンポに合わせて刺激を与えることで、食欲が強くなった時に、緩和する作用があるといいます。

 

会社にいる時でも、電車に乗っている時でも、思い立った時にいつでも耳は刺激をすることができます。飲み会や、外食をする時は、食べ過ぎないように食前15分前に耳つぼを刺激しておきましょう。食べたい気持ちを自然にセーブすることができるようになります。ツボの刺激によって食欲を減衰させられますので、おすすめの方法です。

 

アロマで食欲を抑制する方法

食事制限中のストレスを緩和するために、アロマで食欲を抑制するという手段があります。ダイエットのためにと、食事の量を減らしている時は、食欲を抑制するのが難しいものです。食欲を抑制しきれずに、ダイエットをしている時につい食べてしまったという人もいます。

 

食欲の抑制は難しいミッションですが、うまく調整することができなければ、ダイエットに失敗してしまうこともあります。ダイエットをしているからといって、あまり無理をすると精神的なストレスをためてしまいかねません。体にはまだ問題が生じていないのに、ストレスに耐えかねて、ダイエットをやめてしまうという人は大勢います。

 

アロマの香りで食欲の抑制をはかるには、レモンやオレンジ、グレープフルーツなど、柑橘系の香りが適しています。ストレス緩和効果と、食欲抑制効果が期待できますので、ダイエットをしている時にぴったりです。柑橘系の香り以外にも、ラベンダー、ペパーミント、ローズマリーなどが食欲を抑えてくれる香りとして機能しますので、選択肢は豊富にあります。

 

ダイエットにアロマの香りを使うという場合、アロマキャンドルを灯すという方法もありますが、より手軽できるやり方があります。すぐにできるアロマを利用する方法はハンカチに数滴アロマを垂らしたものを持って歩くことです。必要に応じてハンカチに染み込んでいるアロマの香りを吸えば、食欲を抑制することが可能です。

 

 

漢方で食欲を抑制してダイエットする方法

様々な方法でダイエットに取り組む人がいますが、漢方を使って体重を減らそうとする人もいます。無理な食事制限や体に負担のかかる激しい運動によるダイエットは健康を崩す可能性がありますが、漢方なら健康的なダイエットが出来ます。

 

健康にいいダイエットをしたいという人は多いようですのそのためには、食事内容を見直すことや、生活習慣の改善のほか、代謝の高い体質になることがあります。ハードな運動は体に負担が大きいかもしれませんが、ダイエットのためには適度な運動が重要です。

 

スポーツをする習慣がある人は良いのですが、そうでない人が継続的に運動をするのはなかなか難しいことです。食欲を抑制するために、食事前に漢方を飲むという習慣がある人もいますが、身体機能の維持には一定の栄養が必要であることは事実ですので、食事は必要です。人間は、身体機能を正常に保つために、食欲という欲求を持っています。

 

この欲求を抑制することは体が目指すものとは反していますが、やり方によってはダイエットに役立ちます。食欲を抑制する漢方は、大柴胡湯や防風通聖散が代表的なもので、大柴胡湯は体の炎症を取ったり、体の機能を鎮める効能があります。

 

消化器系の働きを緩やかにすることで食欲を抑制し、食べたものの栄養吸収もゆっくりにするものです。食べたものが栄養として吸収されづらくなりますので、ダイエットには有効です。しかし、胃腸器官が弱くなることは体にとっていいことではありません。

 

防風通聖散は皮下脂肪を分解したり、便秘の改善や利尿作用により、積極的に体外に出すことでダイエット効果が期待できる漢方となっています。あくまでベースとなるダイエットに取り組む中で、効果をより高めるために、漢方による食欲抑制を使うという位置づけにしてください。