kc150711258895_tp_v

 

断食をすると摂取カロリーが激減する為に体重は減りますが、場合によってはリバウンドしてしまうこともあります。痩せるために頑張ってダイエットを実践したのに、リバウンドをしては、何のために頑張ったのかわかりません。食事の摂取量を減らし過ぎると、身体維持に必要な栄養が供給されなくなって、身体は飢餓状態に陥ってしまいます。

 

出来るだけ体の機能を維持する為にエネルギー消費を抑え、少ない食事でも動かす事が出来るように体の中が変わります。摂取する食事の量が足りていないと、筋肉量も徐々に減ります。体が飢餓状態になっているときに、ダイエット前の量の食事に急に戻してしまうと、カロリーの余剰分が多くなってしまいます。

 

今までと同じ量の食事しか食べていなくても、体が必要とするエネルギー以上のカロリーを摂取している状態になってしまうのです。余剰カロリーは、脂肪となって体の中にキープされますので、食事制限を経験したことで、脂肪が増えやすい体になります。食事制限後にリバウンドをする原因がこれに相当します。

 

断食を行うと体重は減少しますが、その後に今まで通りの生活にするとまた元の体重、若しくはそれ以上に増えてしまう事があります。エネルギーの消費量がかなり減った状態になっているのは、断食終了後からだいたい1か月程度は継くとされています。リバウンドをしないダイエットをしたい場合は、ダイエットが終わった後の食事量は、少しずつ戻していくようにしましょう。

 

もしも、これから糖質制限を主体としたダイエットに取り組みたいと考えているならば、事前の知識が必要です。リバウンドの原因として、糖質の摂取量を急に少なくしすぎたことが挙げられるといいます。糖質制限ダイエットをする人は多いですが、この方法のメリットは、短い期間で体重を減らすことができることにあります。

 

糖質制限ダイエットは、早く痩せたいという人には向いていますが、リバウンドのリスクも知っておきましょう。自分にとって適切なやり方で糖質制限ダイエットをしなければ、リバウンドが起きて、今まで以上に太ってしまうということもありえます。

 

限られた期間内でダイエットをするのは、いますぐダイエット効果を得たい人には有意義ですが、健康や美容にいい方法とはいえません。糖質を摂取しないダイエットをしていると、痩せにくい体になって、リバウンドしやすい状態にななります。食事などで体内に取り入れた糖質が、体を機能させるためのエネルギーとして使われています。

 

糖質が不足すると基礎代謝を落として、エネルギーを使いすぎないようにします。ダイエットのために食事を減らすと、基礎代謝が下がるという形で体には反映されますので、その結果、使い切れないカロリーがふえて、体脂肪として貯め込みやすくなります。

 

糖質制限ダイエットでは、食事で摂取する糖質の量を控えるだけでなく、筋トレをして全身にバランスよく筋肉がつくように促すことも重要になっています。体重を落とす以外にも、健康状態を整えたり、美容にいい効果があるダイエットをするには、体の筋肉量にも関心を向けるようにしましょう。

 

積極的に体を動かし、カロリー消費量を増やすことと、食事内容や量を見直してカロリーをどんな食べ物から摂るかが、重要なことといえます。

 

リバウンドの原因と筋肉量について

ダイエットに取り組んだけれど、リバウンドをしたため減った分が再び増えたという体験談があります。どうしてリバウンドが発生するのかを知ることで、リバウンドを起こさないダイエットが可能です。

 

リバウンドで悩む人の多くは、筋肉量がリバウンドと密接に関わっていることを、認識していない傾向があります。ダイエットのために食事の量を減らすと、生命維持に必要なエネルギーを補うために、体脂肪を燃やして消費していきます。脂肪を燃焼させることができれば、体重を減らすことにつながるのですが、気をつけなければならない点があります。

 

もしも、体内に留められている脂肪を燃やさないと生命維持のエネルギーが確保できない状態になった時には、筋肉も消費されます。筋肉量と、基礎代謝の量は、深い関わりを持っています。筋肉が多い体ほど基礎代謝が高く、筋肉が少なくなれば、基礎代謝の低い体になるわけです。

 

筋肉量が減り、基礎代謝の低い体になってしまうと、カロリー消費量が少なくなるので、ダイエットがしづらくなります。ダイエットを経たことで、基礎代謝の低い体になってしまっているのに、ダイエットをする前と同じぐらいの食事を摂ると、基礎代謝が下がった分、使い切れないカロリーが増えます。

 

筋肉量が減るとリバウンドが起きやすくなるなら、筋肉が減らないように心がけながらダイエットを実践することが、リバウンド予防になります。リバウンドをしない太りにくい体質にするためには、食事制限だけでなく適度な運動もして筋肉を減らさないようにすることが大切になります。

 

減らした体重を一過性のものにしないために、リバウンドの原因である筋肉低下を運動によって予防し、基礎代謝が下がりすぎないように心がけながらダイエットをしましょう。

 

リバウンドを防ぐ食事のメニューについて

せっかくダイエットがうまくいったのに、その直後にリバウンドするのはよく聞く話です。リバウンドは誰にでも起こる可能性があるものですが、食事内容を見直すことで防ぐことができるようになります。

 

ダイエットがうまくいくと、大抵の人が油断をしたり、これまで我慢した分の反動がきて、大量に食べてしまいがちです。リバウンドをフラグためには、カロリー摂取量をきちんとチェックして、食べ過ぎないように意識することです。

 

無理な食事制限する必要はありませんが、摂取カロリーが多くならないように注意する必要はあります。カロリーを摂りすぎないこと、栄養が偏らないようにすることは、ダイエットの後でも心がけたいことです。ダイエット効果を得ようとするのでなく、リバウンドを防ぎ、今の体重をキープしたいだけなら、ある程度の食事は許容されます。

 

大切なのは、一食ごとにカロリーを制限するのではなく、一日や数日単位で食べすぎを防ぐことです。カロリー摂取量を知ることは、不慣れなうちは手間がかかると感じやすいですが、継続すると手軽に実践できます。ラーメン屋さんや、焼き鳥屋さんでおいしいものを食べた週は、意識的に野菜を多めにとって、栄養の偏りをなくしましょう。

 

炭水化物を取りすぎたら翌日は少し軽めの食事をするなど、ある程度の期間を通して自分なりに食事メニューを調整すればカロリー過多を防げるようになります。リバウンドを防ぐには、食事のカロリー量を厳密にチェックするのではなく、大体の加減を考えながら、おおよそで計画を立てていきましょう。